FC2ブログ

Breeding of Begonia 


P1010766.jpg
今回は、葉に模様があるベゴニアの交配苗を紹介したいと思います。
This issue focuses on Begonia plantlets with spotted leaves produced by a crossbreeding.

P1010765.jpg
この交配では、種子親には球根ベゴニアを使い、花粉親には木立性ベゴニアを使用しました。
上の写真が、今回の花粉親、バレンシアという品種で、鮮やかなオレンジ色の花の矢竹型木立性ベゴニアです。
Tuberous Begonia was used as seed parent, and erected-stemmed Begonia as pollen parent in this crossbreeding. Above picture shows the pollen parent;B. cv. Valencia, a cane-stemmed cultivar with bright orange flowers.


P1010771.jpg
しかし、この品種の葉には斑紋があまりありません。若い葉はほぼ無地で、成熟した葉も殆どは無地かうっすら白い点が入る程度です。
However, leaves of the pollen parent are poorly spotted. No spot is seen on young leaves, and very pale white spots are sparsely seen on only a part of mature leaves.


P1010773.jpg
一番模様が目立つ葉でも、明瞭な白い点がまばらに見られるだけです。
At most, only a few bright white spot is seen on some leaves.


あらためて、今回の苗を見てみましょう。
Then, let's turn our eyes again on the offsprings featured here.....


P1010767.jpg
ご覧の様に、葉全体に鮮やかな模様が入ります。 両親とは大きく異なる模様です。
The leaves are covered with distinct spots that neither parent has.


P1010770.jpg
葉の形が球根ベゴニアに近いこの苗も、細かな白点が葉全体に入っています。
This plantlet, with leaves similar to tuberous Begonia, has fine white spots all over the surface of leaves.


隔世遺伝かと思って、両親の祖先をさかのぼって調べてみましたが、どれも葉に模様が殆ど入らない品種ばかりでした。
Suspecting that this was caused by an atavism, I traced ancestors of parents, but it turned out that none had remarkable spots on leaves.


今回は遺伝の複雑さを垣間見られる面白い結果が見られました。
これらの苗が今後どのように成長し、どのような花を咲かせてくれるのか、非常に楽しみです。
In this crossbreeding, an interesting result showing how complexed the inheritance was was seen. We are looking forward to see how these offsprings will grow and what the flowers will be like.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fujimultilingual.blog22.fc2.com/tb.php/243-e9372c1a